日本では2014年の5月に販売された

トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン
私もいま使用しています。

DSC06388.JPG
※デコレーションの花は商品ではありません

同社、大きいサイズの脱毛器4Xと比べてみました。


プレシジョン4Xの違い】

トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン
価格:36,800円 重さ:200g カラー:1色(ホワイト) レーザーの種類:ダイオード 連続照射機能:なし 液晶表示:なし 調整レベル:3段階 出力フルエンス:7-20J/cm2 フル充電での使用時間:15分(両ワキのお手入れに十分な時間) 効果:早い人は3ヶ月の定期的なお手入れで効果を実感 使用可能エリア:全身(一部除く) 推奨エリア:口回り、ワキ、Vライン、指先など細かい箇所

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X
価格:54,800円 重さ:584g カラー:6色 レーザーの種類:ダイオード 連続照射機能:あり 液晶表示:あり(照射回数カウンター付き) 調整レベル:5段階 出力フルエンス:7-22J/cm2 フル充電での使用時間:30分(膝下のお手入れに十分な時間) 効果:早い人は3ヶ月の定期的なお手入れで効果を実感 使用可能エリア:全身(一部除く) 推奨エリア:腕、足、お腹まわりなど広い箇所




◯共通点
・FDA認可のレーザー技術で医療クリニックと同様のダイオードレーザーを使用
・特許取得済みで他のメーカーは真似できない技術
・鼻から上、耳、乳輪、性器、肛門(I・O)部分の使用禁止箇所や効果の早さ
禁止箇所以外の全身脱毛OK

◯相違点
・4Xには自動連続照射があり、照射スピードもプレシジョンに比べやや早く1 度の使用時間が2倍の30分あるが4Xは重さもおよそ2倍でお値段も5万円以上する(公式サイトなら分割OK)
・プレシジョンは単発の照射でレンズ面が完全に肌に接触しないと照射できない ようになっており誤作動をさらに防いでいる
・プレシジョンは価格がお手頃で清潔感のあるホワイトカラー。4Xは6色のカ ラーバリエーション
・使用、使用不可な箇所は共通だがコンパクトで小回りのきくプレシジョンはエ ステ脱毛で無駄毛が残ってしまった箇所や、Vライン、口まわり、ワキ、指の毛 などの脱毛がオススメ。4Xは足、うで、お腹周りなどの広い部分がオススメ

◯感想
見た目も握った感じもシンプルで使いやすく説明書がいらないくらい機械音痴な 私にでも簡単に使うことができました。男性の知人にも試してもらっているので すが毛も濃く太いせいかレベル2で痛さを感じるようです。私はですがレベル3 で初めてチクリ感がありました。痛さを心配する方もいると思いますが予想より も痛くなくおそらく間違った手順やイメージが先行しているのではないのかとい うのが正直なところで急がずレベル1から始め徐々に慣れていけば痛さは軽減し ていきます。これは毛根の組織が無力化されたのと単に慣れたのとどちらにも当 てはまると思います。レーザーが終わったあとはお風呂に入ってもいいし化粧水 もすぐ塗っていいので普段の生活と変わりないです。2度目のケアが終わってか ら数日後、布団のシーツの上に自分の毛が抜け落ちているのを見て嬉しかったで す!感動しました。いまは3度目になりますがレベル3に慣れてきました。1年 間の品質保証2年に延びたとのことで余裕をもってトリアとの生活を楽しめそう です。

まとめ
プレシジョン >>脱毛しきれなかった残り毛や細かい箇所に
4X >>本格的な全身脱毛に

check-s02.pngダイオードレーザー脱毛器の発明メンバーがトリア創立者
check-s02.png家庭用レーザーの中でトリアは特許を取得している

スクリーンショット 2014-07-19 1.45.02.png

トリア割引キャンペーン情報はこちら>>

他のメーカーに無いのは以上の理由からだったんですね。
4X、プレシジョンの2つを併用できるのがベストですが
お財布と相談もあると思います。

まずはプレシジョンで脱毛効果を試してみるのもいいかも
しれません。

arrow057_04.png

トリア・レーザー脱毛器プレシジョンの詳細

トリア・レーザー脱毛器4Xの詳細



 タグ